私たちの設計やコンサルティングでは、意匠はもちろんのこと、快適で健康な暮らしを実現するアプローチとして、太陽をはじめとする風・水・空気・植物といった自然の力を設計に取り入れ、最後に最適な場所にエアコン等の設備を補っていく「パッシブデザイン」という手法で室内の温熱環境を最適に整えています。

例えば、敷地環境や地域気候の検証を基に、次のような事を検討していきます。

  • 室内の温度ムラを作らない断熱と気密
  • 冬の太陽熱を蓄熱し、夜の寒さを緩和させる床や壁
  • 夏の日射を防ぎ、冬の日射をとりいれる適切な軒の高さや奥行き
  • 庭などの樹木下で発生する冷気を室内に取り込む窓
  • 空気の流れに素直な通風・排熱窓の配置・大きさ


ただ、私たちはこういった要件において、完全無欠な温熱環境を目指している訳ではありません。

イニシャルコスト・ランニングコストの比較、使い勝手・性能・意匠のバランス、ライフスタイルを考えながら、最終的に「住まい手にとって何が最適解になるか」をしっかり意見交換しながら進めています。

例えば、コストの都合から窓の性能を下げる場合、足元から冷気が入りやすいカーテンではなく気流を止める断熱ブラインドを使う事を考えていきます。

夏の暑い日差しが室内に入るが意匠は変えたくない場合は、操作が容易な断熱タープを窓の外に美しく取り付け、遮断することを考えていきます。

敷地に樹木がなくても借景があれば、そこから冷気を取りこむ工夫をしたり、緑を楽しむ工夫を考えていきます。

こういった会話を重ねて快適に暮らすためにどんな選択肢があるのかを知り、その中で自分の最適解を選ぶ事で、住み始めてからの快適性を実感することができます。
さらに、暑さ・寒さが残る部分を知っていれば、住み始めてから自らそれを取り除く工夫もできるようになります。

住まい手自身が、楽しく自然を生かす工夫を知りながら、快適で、健康で、豊かに暮らせる提案を大切にしていきたいと考えています。

設計

コンサルティング

PAGE TOP