私たちの設計では、意匠はもちろんのこと、快適で健康な暮らしを実現するアプローチとして、太陽をはじめとする風・水・空気・植物といった自然の力を設計に取り入れ、足りない所をエアコン等の設備で補っていく「パッシブデザイン」という手法で室内の温熱環境を最適に整えています。

例えば、敷地環境や地域気候の検証を基に、次のような事を検討していきます。

  • 室内の温度ムラを作らない断熱と気密
  • 冬の太陽熱を蓄熱し、夜の寒さを緩和させる床や壁
  • 夏の日射を防ぎ、冬の日射をとりいれる適切な軒の高さや奥行き
  • 庭などの樹木下で発生する冷気を室内に取り込む窓
  • 空気の流れに素直な通風・排熱窓の配置・大きさ


ただ、私たちはこういった要件において、完全無欠な温熱環境を目指している訳ではありません。

イニシャルコスト・ランニングコストの比較、使い勝手・性能・意匠のバランス、ライフスタイルを考えながら、最終的に「住まい手にとって何が最適解になるか」をしっかり意見交換しながら設計を進めます。

例えば、コストの都合から窓の性能を下げる場合、足元から冷気が入りやすいカーテンではなく気流を止める断熱ブラインドを使う事を考えていきます。

夏の暑い日差しが室内に入るが意匠は変えたくない場合は、操作が容易な断熱タープを窓の外に美しく取り付け、遮断することを考えていきます。

敷地に樹木がなくても借景があれば、そこから冷気を取りこむ工夫をしたり、緑を楽しむ工夫を考えていきます。

こういった会話を重ねて快適に暮らすためにどんな選択肢があるのかを知り、その中で自分の最適解を選ぶ事で、住み始めてからの快適性を実感することができます。
さらに、暑さ・寒さが残る部分を知っていれば、住み始めてから自らそれを取り除く工夫もできるようになります。

住まい手自身が、楽しく自然を生かす工夫を知りながら、快適で、健康で、豊かに暮らせる家づくりをしていきたいと考えています。

実績


野方の家

「雑木林の中に佇む家」「健康になれる家」をテーマに据え、 敷地を読み取った建物配置、視界の開き方、日射取得・遮蔽、断熱・気密、排熱・通風などパッシブデザインを数多く取り込みました。 最新の省エネ基準住宅の約1/4の冷暖房費で快適に暮らせる性能をもち、10畳用のエアコン1台で家中どこでも快適に過ごす事ができるよう設計しています。O邸に続き、環境・ガーデンデザイナー/造園会社と共に大地再生の庭づくりに取り組んだ住宅です。

▷住まいづくりの様子


小さな光の家

15坪の小さな住宅。 建主の感性、工務店・左官職人の技術力、自然素材メーカーの思いが重なり、端正で美しい建物に仕上がりました。 「プライバシーの確保」と「外とのつながり」のバランスを大切に窓を設計。小さくても断熱・気密(C値:0.3)、換気システムを考慮し温熱環境を整えているので、2F床置き型エアコン1台で全室快適に過ごせる設計をしています。


O邸

規模が大きく大開口もある住宅(延べ床面積:487.39㎡/147.43坪)ですが、付加断熱を施し断熱・気密を確保しています(C値:0.9)。環境・ガーデンデザイナー/造園会社と共に土地を健康にする「大地再生」から取り組んだ庭づくり。建物と庭、自然とが調和した邸宅。


習志野の家

土地を生かした建物の配置と借景、たっぷりと冬の日差しを取り込む窓、吹き抜けのあるおおらかで開放的な空間が特長。断熱・気密をしっかり整えた上で蓄熱式床暖房を使っているため、冬は家全体が暖かく寒さを感じることがありません。建主から「冬の朝に”寒くて布団からでたくない”という日がなくなった」との声を頂きました。

▷住まいづくりの様子
▷クライアントの声


長野の家

家族の気配を感じながら暮らす。バルコニーから山々を眺める事ができる開放的な空間に、寒冷地の気候を生かした冬の日差し・夏の冷気を取り込む窓、風通しのよい回遊導線、土間空間の蓄冷・蓄熱、機能性をもたせた植栽など、パッシブデザインの工夫を適材適所に施した住まいです。

賞歴
第1回日本エコハウス大賞 優秀賞受賞
パッシブデザインコンペ2015 大賞受賞


長野市若里の家

「緑はなくてもいい。エアコンが好き。」エコハウスにご興味がなくても、パッシブデザインの合理的な考え方に共感され、しっかりと取り入れた住まいです。断熱・気密強化と空調ルートの工夫により、10畳エアコン1台で、家中どこでも快適な温度「20℃〜24℃(冬)」を実現しています。建主から「風邪を引かなくなった」との声を頂きました。

賞歴
第4回 日本エコハウス大賞 協賛賞 硝子繊維協会賞受賞


奥沢の家

都会の中で自然を満喫できるリゾートのような住宅。隣家の視線を遮る形で中庭をつくり、そこを緑溢れるアウトドアリビングとすることで、ゆったりくつろげる空間をつくっています。中庭には、夏に日差しを遮り、冬に日差しを取り込めるよう落葉樹を植え、加えて深い軒・パーゴラの設置で快適な室内環境をつくっています。


吉祥寺の家

リビングからデッキ、庭へと、建物と外空間をゆるやかに繋げることで、自然と庭に出られるのが特長の住まい。大きな窓でも断熱・気密をしっかり施し、冬でも暖かく過ごすことができます。夏は屋外タープと室内のハニカムサーモースクリーンで日差しを遮断することで涼しさを確保できるようにしています。


さくら市の平屋

庭に面したL字型の建物と大きな縁側。田園風景に開いたおおらかな平屋です。
冬の日差しは大谷石壁に蓄熱。開口部は大きく取っていますが、ハニカムサーモスクリーンを併用する事で冷気をカットしています。植栽は建主と共に鹿沼の植木畑で選定しました。


トレステージ浜田山

5つの庭が快適な室内気候と緑豊かな街並みを創る、都市住宅地の環境共生型集合住宅。

賞歴
2009年度グッドデザイン賞受賞


GranDuo 等々力

中庭を取り囲む緑を感じて暮らす。自然と人との穏やかな関係を支える集合住宅。


特別養護老人ホーム 春わらう舎

戸建住宅地のスケールに調和し、林の中に佇む集落のような、豊かな風景をつくる終の住処。

賞歴
第23回 栃木県マロニエ建築・景観奨励賞 受賞


いちご保育園

高い天井がテラスまで続く開放的な空間。塔屋は冬は明るい日差しを室内に取り込み、夏は排熱装置として機能 。

※一部写真をクリックすると冨田が参画するHAN環境・建築設計事務所のページにジャンプします。

お問い合わせはこちらから。

    お名前 ふりがな (必須)

    お問い合わせカテゴリ (必須)
    設計に関する相談コンサルティングに関する相談ワークショップに関する問い合わせ取材その他

    当社を何で知りましたか? (必須)
    検索で表示されたから広告を見て知人・友人からのご紹介その他

    PAGE TOP